雑学

6月の誕生花一覧|誕生花の基本情報・花言葉を紹介!

皆さんこんにちは
花を買う人、はなをです。

今回は6月の誕生花を紹介していきます!

6月1日の誕生花:赤いバラ

6月1日の誕生花は、赤いバラです。

■バラってどんな花?
一般名: バラ(ピンク)
英名: Rose
学名: Rosa
科名: バラ科
属名: バラ属

赤いバラの花言葉は、「情熱」「愛情」「美」などがあります。

▼あなたにおススメの記事はコチラ
ダズンローズって何?12本のバラが持つ意味とは【12月12日】
本数によって花言葉が変わる花達【4選】
【夢叶う】夢の100本のバラの花束をもらいました!

6月2日の誕生花:タイム

6月2日の誕生花は、タイムです。

■タイムってどんな花?
和名 : タチジャコウソウ
英名 : thyme
学名 : Thymus vulgaris
科名 : シソ科
属名 : スズラン属

タイムはシソ科に属する多年草で、その芳香が特徴的なハーブの一つです。小さな花が集まって咲く様子が美しいことから、ガーデニング用途でも人気があります。

タイムの花言葉は、「勇気」「活気」「活動的」「行動力」などがあります。

6月3日の誕生花:アジサイ

6月3日の誕生花は、アジサイです。

■アジサイってどんな花?
和名:紫陽花(あじさい)
英名:Hydrangea
学名:Chamelaucium uncinatum
科名:アジサイ科
属名:アジサイ属

紫陽花の最大の特徴はその豊かな色彩と大きな花序です。花色は土壌のpH値によって変化し、酸性の土壌では青や紫、アルカリ性の土壌ではピンクや赤になります。これは土壌中のアルミニウムイオンの可溶性がpH値に依存するためです。また、白や緑色の花を咲かせる品種もあります。

紫陽花の花言葉は、「移り気」「辛抱強さ」「浮気」「無常」などがあります。

【おススメの記事】アジサイの花だと思っている部分は実はガク!?花の造りを解説!

6月4日の誕生花:ウツギ

6月4日の誕生花はウツギです。

■ウツギってどんな花?

和名:ウツギ
英名:Japanese kerria
学名:Deutzia crenata.
科:アジサイ科
属:ウツギ属

ウツギは、初夏を代表する花として万葉の古くから親しまれる日本各地で見られる落葉低木幹です。別名はウノハナとも呼ばれています。幹の中空であること「空木(ウツギ)」に由来しています。

ヤマブキの花言葉は、「風情」「秘密」「古風」乙女の香り」などがあります。

6月5日の誕生花:ダリア

6月5日の誕生花は、ダリアです。

■ダリアってどんな花?
和名 : 天竺牡丹(テンジクボタン)
英名 : dahlia
学名 : Dahlia pinnata
科名 : キク科
属名 : ダリア属

原産はメキシコを中心に分布しています。品種改良がすすみ様々な花の色や形、サイズや咲き方など変化に富み沢山の園芸品種があります。色は、赤・ピンク・白・紫・黄色・オレンジ・緑・濃いワインレッド(黒に近い)・クリーム色などとても沢山の色があります。

ダリア全般の花言葉は、「華麗」「優美」「気品」「威厳」「優雅」「栄華」などがあります。

【あなたにおススメの記事】
・ダリアってどんな花?基本情報から花言葉、咲き方の種類などを紹介!
・ダリアの花言葉がネガティブな理由【ジョセフィーヌとダリアのお話】

6月6日の誕生花:ペンステモン

6月6日の誕生花は、ペンステモンです。

■ペンステモンってどんな花?
一般名:ペンステモン
英名:Common gardenia
学名:Gardenia jasminoides
科名:アカネ科
属名:クチナシ属

クチナシは、白色または黄色の小さな花をつける常緑低木です。夏に香り高い花が咲き、その香りは夜間に特に強くなります。クチナシはその香りから観賞用に栽培されることが多いです。また、黄色の実をつけ、これは食用や天然の黄色染料として利用されます。

ペンステモンの花言葉は、「あなたに見とれています」です。

6月7日の誕生花:クチナシ

6月7日の誕生花は、クチナシです。

■クチナシってどんな花?
一般名:クチナシ
英名:Common gardenia
学名:Gardenia jasminoides
科名:アカネ科
属名:クチナシ属

クチナシは、白色または黄色の小さな花をつける常緑低木です。夏に香り高い花が咲き、その香りは夜間に特に強くなります。クチナシはその香りから観賞用に栽培されることが多いです。また、黄色の実をつけ、これは食用や天然の黄色染料として利用されます。

クチナシの花言葉は、「優雅」「とても幸せ」「喜びを運ぶ」などがあります。「喜びを運ぶ」の花言葉は、花の甘い香りを初夏の風にのって運んでくれることから付けられました。

6月8日の誕生花:ジャスミン

6月8日の誕生花は、ジャスミンです。

■ジャスミンってどんな花?
和名:シャクナゲ
英名:Rhododendron spp.
学名:Rhododendron hybrids
科名:ツツジ科
属名:ツツジ属

ジャスミンの花は小さくて星形をしており、主に白色ですが黄色や淡いピンクのものもあります。強い甘い香りが特徴で、アロマテラピーや香水に利用されます。春から夏にかけて咲き、日当たりの良い場所と水はけの良い土壌を好みます。ジャスミンは庭園や室内で観賞用として人気があり、多くの文化で愛されています。

ジャスミンの花言葉は「愛らしさ」「優美」「官能的」「好色」などがあります。

6月9日の誕生花:スイートピー

6月9日の誕生花は、スイートピーです。

■スイートピーってどんな花?
和名: スイートピー
英名: Sweet pea
学名: Lathyrus odoratus
科名: マメ科
属名: レンリソウ属

スイートピーの花言葉は、「門出」「優しい思い出」「青春のよころび」「優美」「私を覚えていて」「デリケートな喜び」「繊細」などがあります。そのほかマイナスな意味では「微妙」「別離」という花言葉も持っています。

「門出」や「別離」などは、花の様子が飛び立っていく蝶のように見えることから付けられたそうです。また、出回りの時期が3月4月と卒業や進学など新しい環境へ変わる時期であることも理由の一つだといわれています。

【おススメの記事】スイートピーってどんな花?花の名前の由来や色別の花言葉を紹介!

6月10日の誕生花:ラナンキュラス

6月10日の誕生花は、ラナンキュラスです。

■ラナンキュラスってどんな花?
和名:花金鳳花
英名:Persianbuttercup
学名:Ranunculus asiaticus
科名:キンポウゲ科
属名:キンポウゲ属

ラナンキュラスは、多層の花弁を持つ豪華な花で、色彩は白、黄色、ピンク、赤など多岐にわたります。花弁は光沢があり、シルクのような質感があります。

ラナンキュラスの花言葉は「晴れやかな魅力」「華やかな魅力」です。

【あなたにおススメの記事】ラナンキュラスってどんな花?名前の由来や色別の花言葉を紹介!

6月11日の誕生花:アガパンサス

6月11日の誕生花は、アガパンサスです。

■アガパンサスってどんな花?
一般名:アガパンサス
和名:ムラサキクンシラン
英名:agapanthus
学名:Agapanthus africanus
科名:ユリ科
属名:アガパンサス属

アガパンサスには、「アフリカンリリー」の別名があります。ユリ科アガパンサスロネ属で南アフリカに10種ほどの原種が自生しています。園芸品種は300種以上も存在しています。

アガパンサスの花言葉は、「ラブレター」「恋の季節」「恋の訪れ」「誠実な愛」「知的な装い」「優しい気持ち」などがあり恋・愛にちなんなんだ花言葉が付けられています。

これは、アガパンサスの名前の由来がギリシャ語の「agapa(愛)」と「anthos(花)からきているからです。

【あなたにおススメの記事】アガパンサスってどんな花?名前の由来・花言葉・品種・誕生花の日を紹介!

6月12日の誕生花:ライラック

6月12日の誕生花は、ライラックです。

■ライラックってどんな花?
和名:ムラサキハシドイ
別名:リラ
英名:Lilac
学名:Syringa vulgaris
科名:モクセイ科
属名:ハシドイ属

ライラックの花は小さく、星形の花が集まって円錐形の房状に咲きます。色は紫、白、ピンク、青など多彩で、特に紫が一般的です。甘い香りが特徴で、春に咲くことが多いです。

ライラックの花言葉は、「友情」「思い出」「謙虚」「純潔」などがあります。

6月13日の誕生花:ジギタリス

6月13日の誕生花は、ジギタリスです。

ジギタリスってどんな花?
和名::ジギタリス
別名:狐の手袋
英名: Foxglove
学名:Digitalis purpurea
科名: ゴマノハグサ科
属名:ジギタリス属

ジギタリスの花は筒状で、ラッパのような形をしています。色はピンク、紫、白、黄色など多様です。花は茎の周りに縦に並び、下から上に向かって順に開花します。毒性があり、医薬品としても利用されますが、扱いには注意が必要です。

ジギタリスの花言葉は、「不誠実」「熱愛」などがあります。英名で「 Foxglove」と言うように、「狐の手袋」という別名もあります。

6月14日の誕生花:ブルースター

6月14日の誕生花は、ブルースターです。

■ブルースターってどんな花?
和名: ブルースター
英名: Blue star
学名: Amsonia tabernaemontana
科名: キョウチクトウ科
属名: アムソニア属

花言葉は、「信じ合う心」「幸福な愛」「早すぎた恋」「身を切る想い」などがあります。また、「信じ合う心」「幸福な愛」の花言葉は、欧米の風習「サムシングブルー」が由来となっています。サムシングブルーとは、結婚式で花嫁が青色のものを身につけていると幸せになれるというおまじないです。

【おススメの記事】オキシペタラム(ブルースター)ってどんな花?名前の由来や花言葉を紹介!

6月15日の誕生花:カーネーション

6月15日の誕生花は、カーネーションです。

■カーネーションってどんな花?
和名:カーネーション
英名:Carnation
学名:Dianthus caryophyllus
科:ナデシコ科
属:ナデシコ属

カーネーションの花はふんわりとした花びらが特徴で、多層構造になっています。色は赤、ピンク、白、黄色など多彩です。甘い香りがあり、特に母の日の贈り物として人気があります。

カーネーションの花言葉は「無垢で深い愛」。カーネーションの花言葉赤いカーネーションは「母の愛」を象徴し、皆さんがイメージする通り母の日に贈られることが多いです。

6月16日の誕生花:チューベローズ

6月16日の誕生花は、チューベローズです。

■チューベローズってどんな花?
和名: 月下香( ゲッカコウ)
英名: Tuberose
学名: Polianthes tuberosa.
科名: キジカクシ科
属名: チューベローズ属

チューベローズの花は、白くて香りの強い花が特徴です。細長い茎に沿って小さな花が密集して咲きます。夜に特に強く香るため、夜咲きとも呼ばれます。

チューベローズの花言葉は、「冒険」「危険な楽しみ」「危険な戯れ」「危険な快楽」「危険な関係」など沢山の花言葉があります。

6月17日の誕生花:キバナコスモス

6月17日の誕生花は、キバナコスモスです。

■キバナコスモスってどんな花?
和名 : キバナコスモス
英名 : Golden cosmos
Sulfur cosmos
Yellow cosmos
Orange cosmos
学名 : Cosmos sulphureus
科名 : キク科
属名 : コスモス属

キバナコスモスの花言葉は、「野生的な美しさ」「自然美」「幼い恋心」などがあります。

6月18日の誕生花:フランネルフラワー

6月18日の誕生花は、フランネルフラワーです。

■フランネルフラワーってどんな花?
通称名:フランネルフラワー
英名:Flannel flower
学名:Actinotus helianthi
科:セリ科
属:アクチノータス属

フランネルフラワーは、その名の通りフランネル(紡毛を使って平織り・綾織りした毛織物のこと)のような柔らかい毛に覆われた白い花です。オーストラリア原産のこの植物は、主に白い色の花を咲かせ、その質感と形が魅力的です。別名「アクチノタス」とも呼ばれています。

フランネルフラワーの花言葉は、「高潔」「清楚」「いつも愛して」「誠実」などがあります。

6月19日の誕生花:イキシア

6月19日の誕生花はイキシアです。

■イキシアってどんな花?
和名: イキシア
別名:ヤリズイセン
英名: Corn lily
学名: Ixia
科名: アヤメ科
属名: イキシア属


イキシアは、多彩な色と細長い花穂が特徴的な球根植物です。花言葉は、「誇り高い」「秘めた恋」「団結」「協調」などがあります。

6月20日の誕生花:ベロニカ

6月20日の誕生花は、ベロニカです。

■ベロニカてどんな花?
和名: ルリトラノオ
英名:  Speedwell
学名: Veronica
科名: ゴマノハグサ科
属名: クワガタソウ属

ベロニカは、細長い花穂に小さな星形の花を密集させて咲かせる多年草です。この花の色は、一般的には青や紫が多いですが、ピンクや白の品種も存在します。花穂は直立しており、上部に向かって花が開いていく様子が特徴的です。

ベロニカの花言葉は、「忠実」「名誉」「明るい家庭」「女性の貞節」などがあります。

【あなたにおススメの記事】ベロニカってどんな花?基本情報から名前の由来や花言葉を紹介!

6月21日の誕生花:ツキミソウ

6月21日の誕生花は、ツキミソウです。

■ツキミソウってどんな花?
和名:ツキミソウ
英名:Evening primrose
学名:Oenothera tetraptera
科:アカバナ科
属:マツヨイグサ属

ツキミソウは、小さくて繊細な白や黄色い花を咲かせる一年草です。花は星形で、細かい花びらが特徴的です。夜に花が開くことからその名が付けられました。ツキミソウの花言葉は「ほのかな」「移り」「静かな恋」「協調」などがあります。 

6月22日の誕生花:スイカズラ

6月22日の誕生花は、スイカズラです。

■スイカズラってどんな花?
和名: スイカズラ
英名: Honeysuckle
学名: Lonicera japonica
科名: スイカズラ科
属名: スイカズラ属

スイカズラは、甘い香りを放つ管形の花を咲かせる多年生のつる植物です。花は通常、白からクリーム色、そして黄色に変化する色合いを持ち、夜間や早朝に特に強い香りを放ちます。花序は房状で、多くの花が密集して咲きます。

スイカズラの花言葉は、「愛の絆」「献身的な愛」などがあります。

6月23日の誕生花:タチアオイ

6月23日の誕生花は、タチアオイです。

■タチアオイってどんな花?
和名:タチアオイ
別名:ハナアオイ
英名: Holly hock
学名:Althaea rosea
科名: アオイ科
属名:ハナアオイ属

タチアオイは、大きな鮮やかな花を咲かせます。花は一般的に白、ピンク、または濃い紫色で、非常に目を引く外観を持ちます。茎は1,2数メートルにも達し、一つの茎に複数の花が縦に並んで咲くことが特徴です。

タチアオイの花言葉は、「豊かな実り」「気高く威厳に満ちた美」などがあります。

5

6月24日の誕生花:バーベナ

6月24日の誕生花は、バーベナです。

■バーベナってどんな花?
英名:Verbena
学名:Verbena
科名:クマツヅラ科
属名:クマツヅラ属


バーベナは、小さな五弁の花を房状に咲かせる一年草または多年草です。花の色は鮮やかな赤、ピンク、白、紫など多彩で、花序は円錐形をしています。

バーベナの花言葉は、魔力」「魅力などがあります。この花言葉は、バーベナが薬草として利用されていたこと。また、古代ローマ時代に、儀式や祭典、魔術で用いられたことから付けられました。

6月25日の誕生花:ヒルガオ

6月25日の誕生花は、ヒルガオです。

■ラナンキュラスってどんな花?
和名:ヒルガオ(昼顔)
英名:False bindweed
学名:Calystegia japonica Choisy 
科名:ヒルガオ科
属名:ヒルガオ属

ラナンキュラスは、多層の花弁を持つ豪華な花で、色彩は白、黄色、ピンク、赤など多岐にわたります。花弁は光沢があり、シルクのような質感があります。

ヒルガオの花言葉は、「絆」「縁」「情事」「友情のよしみ」などがあります。この花言葉はヒルガオはがツルを絡ませて成長していく様子から付けられたと言われています。

6月26日の誕生花:ペンタス

6月26日の誕生花は、ペンタスです。

■ペンタスってどんな花?
和名:ペンタス
英名:Star cluster
学名:Pentas lanceolata
科:アカネ科
属:クササンタンカ属

ペンタスの花言葉は、「希望が叶う」「願い事」などがあります。ペンタスは、星のような形をした花びらをしています。流れ星に願い事をするイメージから花言葉付けられました。

6月27日の誕生花:トケイソウ

6月27日の誕生花は、トケイソウです。

■トケイソウってどんな花?
英名:Passion flower
学名:Passiflora caerulea
科名:トケイソウ科
属名:トケイソウ属

トケイソウの花は中心がやや突き出ており、時計の文字盤を思わせる形をしています。トケイソウの花言葉は、「乙女のしとやかさ」「清浄」などがあります。

6月28日の誕生花:ゼラニウム

6月26日の誕生花は、ゼラニウムです。

■ゼラニウムってどんな花?
和名:テンジクアオイ(天竺葵)
英名:Geranium
学名:Pelargonium
科名:フウロソウ科
属名:テンジクアオイ属

ゼラニウムは、その鮮やかな色彩と心地よい香りで知られる人気の高い花です。フウロソウ科テンジクアオイ属に属し、多くの種類が世界中で栽培されています。花色はピンク、赤、白、オレンジなど多彩です。

ゼラニウムは、見た目の美しさだけでなく、葉からは独特の香りがすることも特徴の一つです。また、ゼラニウムの花言葉は「真の友情」「尊敬」「信頼」など、ポジティブな花言葉を持っています。この花言葉は、ゼラニウムの花が中央から寄り添うように咲く様子から付けられたといわれています。

6月29日の誕生花:ディモルフォセカ

6月29日の花言葉は、ディモルフォセカです。

■ディモルフォセカってどんな花?
和名: アフリカキンセンカ
英名: Cape marigold
学名: Dimorphotheca sinuata 
科名: キク科
属名: アフリカキンセンカ属

ディモルフォセカは、Cape marigold(ケープのマリーゴールド)と呼ばれています。

ディモルフォセカの花言葉は、「元気」「富」「豊富」などがあります。この花言葉は、光沢ある花弁が金貨を思わせることから付けられたそうです。

6月30日の誕生花:クチナシ

6月30日の誕生花は、クチナシです。

■クチナシってどんな花?
一般名:クチナシ
英名:Common gardenia
学名:Gardenia jasminoides
科名:アカネ科
属名:クチナシ属

クチナシは、白色または黄色の小さな花をつける常緑低木です。夏に香り高い花が咲き、その香りは夜間に特に強くなります。クチナシはその香りから観賞用に栽培されることが多いです。また、黄色の実をつけ、これは食用や天然の黄色染料として利用されます。

クチナシの花言葉は、「優雅」「とても幸せ」「喜びを運ぶ」などがあります。「喜びを運ぶ」の花言葉は、花の甘い香りを初夏の風にのって運んでくれることから付けられました。

最後に

このサイトでは花紹介のほかに、花にまつわる雑学を紹介しています。面白そうだ!と思って下さった方、是非SNSをフォローよろしくお願いします!
X(旧witter)
インスタ

タイトルとURLをコピーしました